手術以外のわきがを抑える方法はある?

 

わきがで悩んでおり、口コミで人気のわきが手術を受けたいと考えている人もいるかもしれません。

 

手術

 

しかし、わきが手術は料金が高いですし、痛みもあるということです。

 

 

気軽にわきがを治したいならボトックス注射を受けるのがおすすめです。

 

ボトックス注射はアンチエイジング目的で使われることが多いのですが、わきがの治療にも使われています。

 

ボトックス注射でなぜわきがを治療できるのか知っておくと良いでしょう。

 

ボトックス注射では患部にボツリヌストキシンという成分を浸透させるのですが、この成分がわきがの元となるアポクリン汗腺の働きを抑えることができるのです。

 

それによって汗をかきにくくなりますし、臭いも抑えられるということです。

 

ボトックス注射は他の方法よりも安いですし、気軽に受けることができます。

 

手術の場合は傷跡が残ってしまうこともありますが、ボトックス注射ならそのようなこともありませんし、注射を受けてすぐに普段の生活を送ることができます。

 

効果が現れるのは数日後であり、段階的に汗腺の働きを抑えることができるため、周りの人にもバレにくいというメリットがあります。

 

それならわざわざ高いお金を払って手術をする必要はないと考える人もいるかもしれません。

 

しかし、ボトックス注射によって汗腺の働きを抑えられるのは一時的なものであり、時間が経つとまた臭いが発生してしまうこともあります。

 

効果の持続期間には個人差もありますが、3ヶ月〜半年程度が平均的とされています。