わきがの臭いと汗の関係について

わきがの場合には、周囲にも気づかれてしまうほど、強い臭いがでてしまうのが特徴といえます。

 

汗

 

汗をかくことで臭いを発生するわけではありませんが、汗をかき、そのかいた汗の成分が、肌にいる菌によって成分が分解されることで強い臭いを発します。

 

そのため、汗をかいてしまった場合には、そのままの状態でいると、臭いが強まってしまったり、周囲に臭いを撒き散らしてしまうため、できるだけすぐに拭き取るようにしたり、なんらかの対策をするほうがいいでしょう。

 

また、多量に汗をかいてしまうと、下着やシャツなどもかなり濡れてしまい、臭いを発生しやすい環境を整えてしまうこともあります。

 

タオルやウェットティッシュなどである程度拭き取ることはできても、服にまでしみこんだ汗を拭き取ることはできません。

 

外出時や仕事中などに、下着やシャツが濡れてしまった場合の対策として、新しい着替え用の下着やシャツを準備しておきましょう。
汗がしみこんでしまった場合には、すぐに着替えて肌が清潔な状態を保てるように、日頃から準備を怠らないようにしておくことがわきが対策になるでしょう。

 

 

その他にも、気温が高い場合には、体温をできるだけ下げる必要があるため、外出時には少し木陰で休んだり、冷たい飲み物などでわきや首筋など血管が太い部位に冷たいものをあてて、体温をできるだけ早く下げることもわきが対策になるでしょう。

 

さまざまな工夫や対策をして、わきがの臭いをできるだけ抑えられるように日々、心がけていくことが大切です。